ブログ

プジョーS16 オイル下がり対策

2020.12.28  カスタム, ちょこっと整備, 趣味車  , , , , ,

エムジャパン公式ホームページはこちら

対策なんて言いますと少し大袈裟な言い方ですが
添加剤にて対策します。
本来ならステムシールの交換しかないのですがヘッドのOHに
なっちゃいますからね~
今回はオイルを替えるついでにwakosのエンジンパワーシールドを
使用します。
朝にエンジンを掛けた時に軽い白煙とエンジンの軽いバラつき
燃焼室にオイルが下りてきてる証拠ですね
んで少しエンジンの暖気が進むとバラつきが改善され白煙もストップ
間違いありません。
wakosのエンジンPSはステムシールなど「ゴム」を膨らませる効果がありますので
オイル漏れなどにも効果があります。

完璧に改善されるか分かりませんが、まずは様子見ですね!
N君、いつも東大阪からの来店に感謝します。
また経過報告お待ちしております!
さて、昨日は私、お休みでして早速リビエラのエンジン調整を。
エンジン調整と言いましてもキャブの調整と点火時期の見直しを。
せっかくハイオク入れてるんでノック寸前まで上げときたいなと

とは言えSOLEXなどは散々触ってきましたがアメ車の4バレルは
初めて(笑)
エアスクリュー調整など済ませ回転が上がるので
アイドル調整をし点火時期を上げ、又々回転が上がるのでアイドル調整
これで始動性、低回転域はバッチリの筈(笑)
全開時の黒煙の量が半端ないんで上ではかなり濃い模様
メインとかも触れるのかな?
まぁボチボチとやっていきます
それでは、まともな営業は本日で終わりです。
掃除なども兼ねて明日も終日居るとは思いますが…
ってな訳で今日も張り切っていきましょうね~

w221型Sクラスのコマンド修理でお困りでしたら
ご連絡下さい。
CD&DVD読み込み不良、取り出し不良など。