ブログ

クラウン(MS112)軽い手直しなど

2019.3.30  ブログ 

前から聞いてたんですが
なかなか手が空かず、やっとお預かりできました。
名前は分からないのですがデフとボディーを繋ぐアーム
無駄にピロの調整式の物が取り付けてあったので純正形状の物に交換。

スパークプラグは寿命を迎えていたのと燃料がやたらと濃いので
3回程エンジンを掛け直したりするとプラグがズクズクに「かぶって」
しまうので番手を下げたプラグに交換(普段の使い方に合わせるのも手ですね)
色々と詰めていき甲斐のある車で面白いです(^^)

タンク外に燃料ポンプが付いているのですが
取り付け部分からの燃料漏れ。
ホースジョイントからも燃料漏れ。
対策していきます。
火がついたら車両火災に繋がりますし
修理する時も細心の注意が必要な部分ですね。

あとこれは修理じゃないんですけど
社外品のステアリング(ウッド)に交換されているのですが
経年劣化で表面のクリアー部分が無くなって「木」そのものが露出してまして
手が「木」臭くなるそうで(^-^;
対策して欲しいとの事です。

表面の毛羽立ってる所を耐水ぺーパーで削り取り
滑らかに仕上げ、塗料が付いてはいけない所をマスキングしていきます

木そのものが、剥き出しなので鈍く輝いていますね。

1回目。

5回目位?丹念に塗り重ねていきます

10回目。
ここまできたら本来あるべき姿に近付いてきてるような(^^)

乾いては塗るって作業を繰り返し
かなりの層が出来上がってると思います。
炎天下&室内の高温に晒されても当分は問題ないでしょうね♪
手が「木」臭くなる事もないでしょう♪

では今日はこれにて。
お疲れ様でした~(^^)